節税対策として、2014年11月より個人型確定拠出年金の積立を始め、積立開始から8年が経過しました。
久しぶりの報告となります。
ideco-m 
利用している金融機関は、加入当事信託手数料が安かった野村證券にしました。
今では他の証券会社でいい商品もあるのですが、変更するのも面倒なんでそのまま野村証券で継続しております。
積立商品は、『野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI』 を23,000円の枠めいっぱいを使っています。

▪️積立状況の結果です。
dc202211

前回3か月前より評価損益が11万円近く増加しました。
ロシアのウクライナ侵攻で、円安での増加と見ています。確定拠出年金を引き出すのも早くても10年後ですので気長に積立をしていくだけです。

将来というよりは、リーマンの管理人 てぬきーず は減税目的です、

野村證券の確定拠出年金のシステムですが、ちょっと使い勝手が悪く、口座引落しが毎月26日に行われていますが、口座積立情報の反映に13営業日も掛かるので、積立情報を確認を忘れてしまうことです。

また、確定拠出年金については、3ヶ月くらいしたら、報告したいと思います。 


参考になりましたら、ぽちっとクリックお願いします。 
   ↓ 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ